合同説明会への参加の仕方

合同説明会とは、多種多様な業種の企業が参加して行う、ブース型の就職説明会です。

参加企業の数としては、通常、数十社から数百社に及ぶもので、大型イベント会場で催されます。

主催者としては、大手就職サイトや地方新聞社、そして各地方自治体等が挙げられます。

殆どの合同説明会は参加予約が不要で、入退場に関しても自由にしているところが多くなっています。

また、入場料は原則としてかからないので、通りすがりに気軽に訪れられることもメリットです。



但し、服装に関してはリクルートスーツで参加する人が殆どなので、ある意味、入社面接の前哨戦の面もあると言えます。

会場内には企業ごとにブースが設けられており、来場者は関心のあるブースに入って説明を受けることになります。



その際には、会社についての紹介や説明を受ける他、資料が配布されるのが普通です。

それ故、何社も回ると相当な量になるので、予め大きめのカバンやバッグを持参することが必要です。
また、説明会で意に叶う会社に出会えることもあるので、自分のアピールポイントをまとめておくことも大事です。履歴書などは不要ですが、何時でも自分の経歴を述べられるようにしておくことが、将来の就職を有利にする可能性を高めると言えます。



合同説明会によっては、予めエントリーシートを用意していることがあり、その場合はエントリーシートに必要事項を書き込むことになります。


最近では、説明会の前にネットからエントリーシートをダウンロードできるようにもなっており、自宅でじっくり書き込めるようにもなっています。